名古屋で医療脱毛ができるところ
2021年4月9日

医療脱毛による埋没毛の発生原因や注意点

無駄毛処理の一種である医療脱毛は専用の機器を用いて無駄毛の毛根を除去するのが特徴です。エステサロンなどで行われる一般的な脱毛と異なり、毛根を除去することで新たに無駄毛が生えてこない利点があります。そのため、効果が高い無駄毛処理として注目されていますが一度の処理に時間がかかりやすい欠点もあります。また、わきや股間などの表皮が柔らかい部分は毛根を綺麗に除去できない場合があります。

表皮が柔らかいと毛穴が塞がってしまい、無駄毛が表皮の下で伸び続ける埋没毛になることがあります。埋没毛は体毛が露出せずに表皮の内側で伸び続ける状態を指し、誰でも発生する可能性があります。また、埋没毛が発生した部分は体毛が表皮から透けて見えることから黒く変色したように見えるのが特徴です。毛根付近が膨れ上がり、痛みが生じるケースもあることから埋没毛は速やかに処理する必要があります。

埋没毛の処理は表皮を切開する必要があるので、衛生管理が行き届いている医療機関で行うように心がけます。傷口に細菌が入り込むと炎症などを引き起こし、傷が跡になってしまうので注意が必要です。医療脱毛は効果的な脱毛処理を確実に行うことが出来る一方で、体毛が体内に埋もれてしまうリスクもある点を把握することが利用者の側に必要な心得になります。医療脱毛を利用する際はメリットとデメリットの詳細を確認したうえで、自分の体質に適した方法を選択するのが健康的な無駄毛処理の条件になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です