Skip to content

中古のバイク入手する直前にタイヤ交換だけは済ませる

走行可能な状態で店舗の内外に展示される中古のバイクは、何度か使用を済ませたタイヤを装着しています。そのままでも公道を移動できるとはいえ、中古のバイクを使い勝手が良い一台にしたいなら交換しておくと良いです。たとえ追加の費用を支払うことになったとしても、使用感が大幅に向上するので決断に間違いがなかった旨を将来的に感じられます。自身と車体の安全性を向上させる狙いと、もう一つは維持管理のしやすさを高める目的があります。

路面が乾いていない状態で中古のバイクを走らせていた場合、地面に接する部分の摩擦係数が著しく低いと些細なきっかけで滑り始めてしまいかねません。当該現象が発生しやすいのは、新型と言えない程度の部品です。中古のバイクに標準装備されている確率が高いので、天候を見て運転するか否かを決められないほど常用するのなら新調する対策が必要です。長い距離を走行していると、タイヤに入れた空気の量が減少していきます。

燃費に影響を及ぼすのみならず、移動中の車体が不安定になりかねません。気がついた時点で空気を入れる作業を始める必要があるものの、中古のバイクに初めから装着されていたものには問題視するべき点があります。目的を達成するときに使う道具を接続するときに、旧式のものであれば金具同士が接触して素早く作業が始められない可能性が無きにしもあらずです。新型のものには改良が加えられていますから、試行錯誤する労力を削減できます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です