Skip to content

中古のバイクについて

バイクを買う際、中古にすると安く購入することができます。しかし、バイクを中古で購入する際には気を付けて見ていただきたいポイントがあります。それがブレーキとクラッチにキズが付いているかどうかです。というのも、それらにキズが付いているということは一度は転倒しているということになるからです。

つまり、ブレーキやクラッチにキズが付いていると、事故車である可能性が高いということです。さらに、バイク前方のフレームが歪んでいると、それだけ大きな事故に見舞われたということになりますので、それは中古で購入する際には避けた方が良いでしょう。特に、フレームが歪んでいると、走行がスムースにいかない場合もあります。しかし、それでもそのバイクが欲しいのなら、それを理由に値切ってみるとお得に購入できる可能性があります。

また、バイクを売却する際のことも考えて、ブレーキやクラッチをキズ付けたり、フレームを歪ませるような事故を起こさないようには気を付けなくてはなりません。中古のオートバイを購入する際には上記の点を押さえておくことで、安全なオートバイライフを送ることもできますが、その他にも錆びやすい箇所であるエンジンやマフラーの錆びが進んでいないか、ブレーキフルードの液が漏れていないかどうかも確認しておくと尚良いでしょう。これらの錆びや漏れは後から確認できる場合もありますが、もし、ひどいようなら、専門のところで早急に修理してもらうことで問題なく走行することもできます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です