Skip to content

中古車の下取りと買取ではどちらがお得か

車買替のために中古車を売却する場合、ディーラーに下取りに出すのと買取業者で売却するのはどちらがお得なのでしょうか。実際には、両方から見積もりをもらって高い見積もりを出したほうで売却すればよいのですが、最近では、中古車買取業者のほうがより高い見積金額を出すケースが多いようです。従って、中古車査定一括サイトなどを利用して、複数の業者から見積もりをもらうとさらに良い金額が出てくる可能性が高いと言えます。そもそも、買取業者の場合には、販売経路を持っています。

最近では、オークションなどが主流ですが、買い取った車をいかに素早く転売できるかが勝負となります。つまり、できるだけコストをかけないで転売できる業者ほど有利になるわけです。この点、通常のディーラーの場合には、買取専門業者ではありませんので、素早く転売することはなかなか難しいのです。下取りした車の保険期間が長くなれば、それだけコストがかさみますので、その分が査定額に上乗せされることになるのです。

このような理由で、一般的には、買取業者のほうが高い査定額を出すことができるということになります。ただし、最近では、大手メーカー系の場合には、独自の流通網を生かして、中古車の転売にも力を入れ始めていますので、以前ほどには買取業者との見積額に差は付かないような状態にもなっています。従って、購入先ディーラー、買取業者の複数社から見積もりを取って競合してもらうことが重要となります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です