Skip to content

まずは点検して廃車手続を自分でやろう

車が古くなって新しく買い替えをする場合、車の販売会社に任せると多少なりともお金になればよいのですが、大抵は1円にもならなかったり、最悪、手数料を取られる場合があります。ですから、車を処分するときは自分でやった方がお得と言えます。ただし仕事で忙しい場合は、インターネット等を利用して廃車を代行するサービスを探すという手もあります。時間がある場合は、まず点検をすることから始めましょう。

まだ動くのか、走行距離は、ボディーの傷み具合はなど、チェック項目別に点検していけばよいのです。その上で、まだ動いて走行距離も少なめなら中古車として売れば新車を購入する足しになります。また、動かない場合でも、あきらめてはいけません。外国人が経営している中古車の輸出業者に当たってみるとよいです。

動かなくてもエンジンのみに価値が有る(モーターボート用にする)場合もあるので勇気を出して聞いてみることです。点検してもらうと3万から5万ぐらいで買い取ってくれます。万が一買い取ってくれないときは、近くの運輸支局にナンバープレートを持っていき、抹消手続きをして、その上で車をスクラップとして売ることができます。これは鉄を買い取る業者に電話すると、時価で買い取ってくれます。

点検して廃車を自分でするメリットは多く、その最大のポイントはリサイクル券を提出すると、その分のお金が戻ってくるということです。廃車手続は案外簡単ですから自分でやる事がお薦めです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です