名古屋で医療脱毛ができるところ
2021年4月6日

医療脱毛日焼けは施術前と施術後もNG

医療脱毛を受けることになれば、施術前にしろ施術後にしろ絶対に日焼けはしないようにしましょう。どちらにしろ、施術のスケジュールに影響を与えたり、肌にダメージを与えてしまう事になりかねないのです。まず、施術前に日焼けをしてしまうとどうなるのでしょうか。施術前に日焼けをしてしまうと折角の医療脱毛が受けられなくなる可能性があります。

というのも、医療脱毛で使用される脱毛器は、ムダ毛のメラニンに作用して破壊するという仕組みを持っています。そのため、肌にメラニン色素を集中させる日焼けをしてしまうと施術の方にも大きな影響を与えてしまうのです。大抵の病院では日焼けをしていると施術を受けさせてくれないでしょう。では、逆に施術後はどうして日に浴びることが許されないのでしょう。

こちらは、肌の状態を悪化させかねないためで、特に施術後は肌に赤みが出ることなどがありどうしても不安定な状態に陥りがちです。さらに、赤みが出ている状態で紫外線に浴びてしまうと、メラニンをさらに集中させ色素沈着の原因となりかねません。色素の沈着の治癒は非常に時間が掛り、肌の差異性に任せる部分が多いのです。そのため、次回の数カ月後の施術までに色素の沈着が残っていると施術を受けさせてくれない可能性が硬くなります。

是非とも、施術後の方はなるべく紫外線に浴びないように安静にして過ごすようにしましょう。でなければ、次回の施術のスケジュールが白紙になる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です