名古屋で医療脱毛ができるところ
2021年1月24日

永久脱毛施術後の一時的な症状

永久脱毛のお手入れによって、一時的に見られる症状もあります。永久脱毛のあとには、皮膚の色にも違いを感じることはあります。永久脱毛の照射で赤みが出たりしますが、それはその日の体調にも関わることがあります。照射した部位に少し赤みが出たりするのは珍しくはないです。

それとは反対に、白く抜ける症状の色素脱失となるケースも希にあります。こちらのほうが赤くなるより珍しい一過性のもので、ただ長いと半年くらいはかかりますが戻ります。永久脱毛の照射というのは一度に毛根を処理する行為でもあります。そのため熱が加わり、肌はとても乾燥しやすくなります。

乾燥が元からひどい人も、軽く乾きを感じる程度の人も、照射をした部位への保湿を心がけることです。特に新しく購入しなくても、手持ちのスキンケアアイテムを使用して、肌への保湿をすることで肌状態を良いものとすることはできます。使用するコスメに関しては、香料が強いとか、成分が刺激を感じやすいものは避けたほうがいいです。脱毛をした肌は、いつもよりも敏感な状態になっているからです。

脱毛施術後に毛膿炎が見られた時にもとにかく肌の保湿などのスキンケアをして、肌と毛のサイクルを順調にするようにしましょう。脱毛をする前に、長年にわたり自己処理をしてきた肌には、珍しくはない症状です。カミソリでの反りや毛抜きでの処理歴が長いと、肌にも何かとトラブルは起こりやすくなります。ですが脱毛を続けていくことで、解消されてもいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です