名古屋で医療脱毛ができるところ
2021年1月21日

永久脱毛とはどのような脱毛方法のこと?

最近永久脱毛という言葉を耳にすることがあるけど、実際にはどういうものか知らないという人も多いのではないでしょうか。永久脱毛とは、米国電気脱毛協会によって「最終脱毛から1ヶ月経過した時点でのムダ毛の再生率が20%以下である脱毛方法」と定義されています。具体的には医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛、ニードル脱毛などがこれに当てはまります。永久脱毛というからには効果が永久に持続する脱毛のことではないのか、と疑問に思う方も多いでしょうが、現在利用されている脱毛方法の多くはまだ利用されるようになってからの歴史がそう長いものではありません。

脱毛効果が永久に持続するかどうかを確かめるためには何十年間という非常に長い検証期間を必要とするため、現時点ではいずれの脱毛方法も効果が本当に永久に持続するかどうかはわかっていない現状にあるのです。ではなぜ永久脱毛などという定義が作られているのかといえば、上記に挙げた脱毛方法は半永久的と考えられるレベルの効果があることはわかっているためです。医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛はほぼ同じメカニズムの脱毛法で、レーザーまたは光をムダ毛に照射した時に生じる熱の作用で毛根の細胞を破壊して脱毛効果を発揮します。比較的痛みが少なく施術がスピーディーに終了することなどから、現在非常に人気の高い脱毛方法となっています。

ニードル脱毛はレーザー脱毛やフラッシュ脱毛が登場する以前から利用されていた脱毛方法で、毛根に針を刺して電流を流し、毛母細胞にダメージを与えることで脱毛効果を得ます。ムダ毛1本1本を確実に処理することができるのですが、施術に時間がかかるということと電流による痛みが強いことから、現在は施術を受ける人の数は減少傾向にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です