名古屋で医療脱毛ができるところ
2021年1月15日

永久脱毛とツィザー処理

永久脱毛を効率的にするためには、ツィザーでのムダ毛処理はお休みする必要があります。永久脱毛は根本の組織にダメージを与える必要がありますから、ツィザーで根元から抜いてしまう処理はNGです。永久脱毛の施術前になったら、ムダ毛の処理をするアイテムは、フェイス用電気シェーバーなどでのシェービングです。ツィザーはいわゆる毛抜きですが、毛を引き抜くことで毛穴に大きなダメージを与えます。

ツィザーでの毛抜きの行為は、無理やり毛穴内部に生えているムダ毛を、引っ張って引きちぎることでもあります。ムダ毛を引きちぎったところには、不要な傷を付けてしまいます。体毛の根元部分は、通常は少し太くなっています。ですから毛を引き抜くとき、無意識のうちに毛穴の内部にも傷を付けますし、それから出口付近も擦ってしまい傷を付けることになります。

そうすると、毛穴から血が出ることもあります。傷ができると細菌が侵入してしまい、肌には毛嚢炎を起こしたりすることもあります。それから、色素沈着をしてしまい、皮膚の毛穴が黒くなったりするケースも考えられます。毛抜き処理後によくあるパターンでは、毛穴自体が見た目にわかるくらい、ぷっくりと膨れあがることもあります。

そもそもツィザーでムダ毛を抜くのは痛いですから、1本1本抜くという行為自体が痛みの生じる行為です。ちまちまと抜いていくので、処理に時間が掛かることになります。肌負担も大きいですし、脱毛には適しませんから、脱毛を成功させるためにもツィザー処理はやめることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です