名古屋で医療脱毛ができるところ
2020年11月15日

Vライン脱毛の形について

Vラインは普段は一目に付かないような場所です。しかしながらTバックがはやったり、すっきりラインの下着が出てくる中で、そこからはみ出る毛は美しくない・脱毛したいと女性が気にし始めたのです。三角形のトライアングル型や楕円形のオーバル型・長方形のIライン型・正方形のスクエア型などさまざまな形に脱毛することができます。昔はハート型などのさまざまなモチーフ型が流行った時期もありましたが、今は自然で美しい卵型に脱毛したいという人が増えてきています。

楕円型に比べると卵型だと下が小さめになっているのです。トライアングル型なども下着と同じラインのためムダ毛が隠れやすく人気の傾向にあります。やはり下着や水着からはみ出さないということと、自然さがポイントとなるようです。もっとも究極なのはその場所を何もないツルツルの状態、ハイジニーナにすることです。

ただ、あまりにつるつるだと温泉などで驚かれる可能性もありますし、男性によって喜ばれたり逆に嫌がられたりと様々です。自然ではない姿だけに、特にパートナーの気持ちも確認した上で脱毛した方がよいでしょう。また、VラインやOラインはまだしも、Iラインはかなりの痛みがある場所です。毛が濃くて皮膚が薄く、色素沈着していることが原因です。

ハイジニーナにする場合には特に注意が必要です。麻酔クリームを塗ってくれるなど対処してくれるところを選ぶようにしましょう。Vラインを残して脱毛する場合、形に失敗すると後から変更することはできません。きちんとデザインを考えておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です