名古屋で医療脱毛ができるところ
2020年11月6日

Vライン脱毛の肌の負担を軽減するコツ

水着を着用する季節などが近くなるとVラインのムダ毛が気になってしまうことがあります。そのような際にVライン脱毛を自分で行う場合にはちょっとしたコツを覚えておくと肌の負担を軽減しながらきれいに脱毛処理を行うことができます。まずはVラインの形をじっかりと決めてから行うようにします。どのくらいの形にしてよいのかよくわからないと言う場合は着用する予定の水着をつけたり、Vライン部分が少し小さめの下着をつけてから脱毛処理を行うようにするのも良い方法です。

用意するものは毛抜き、タオル、保冷材、コットン、化粧水や乳液です。まずお風呂場で処理する部分をきれいに洗い流して肌を清潔な状態にします。お風呂に入浴した後に行っても構いません。そうすることで雑菌などが入って肌トラブルを起こしにくくすることができます。

水着や下着のラインを目安にしながら毛抜きでムダ毛の根元を挟んで毛の生えている方向にそって引き抜いていきます。毛の流れに沿うように行うことで肌への負担を抑えることができます。脱毛処理が終わったら保冷剤をタオルに巻いて、処理した部分に1分から2分ほどあてるようにします。そうすることで毛穴が引き締まり、脱毛処理の刺激から肌を守って炎症が起こるのを防ぐことができます。

保冷剤を外したら化粧水をコットンにたっぷりとしみこませたものでスキンケアを行います。その後、乳液でしっかりと保湿ケアを行うようにするのが肌の負担を軽減するコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です